いたばし花火大会の穴場スポットや見える場所は?打ち上げ場所や雨天時は?2024

※当ページのコンテンツにはプロモーションが含まれます
イベント

いたばし花火大会穴場スポット見える場所打ち上げ場所雨天時などをご紹介いたします。

 

いたばし花火大会といえば、荒川を挟んで『戸田橋花火大会』と同時に打ち上げられるため、大迫力の花火を楽しむこともできます。

 

そんないたばし花火大会ですが、かなりの混雑も予想されるためあらかじめ、花火の穴場スポットや見える場所がわかっていると安心ですよね。

ということで今回は、

  • いたばし花火大会の打ち上げ場所2024
  • いたばし花火大会の穴場スポットや見える場所2024
  • いたばし花火大会の雨天時2024

こちらをご紹介いたします。

\花火大会の必須アイテム/

スポンサーリンク

いたばし花火大会の穴場スポットや見える場所2024

いたばし花火大会の穴場スポットや見える場所をご紹介いたします。

野草広場

いたばし花火大会の穴場スポット、見える場所の1つ目は、

迫力のある花火を見るのにおすすめなのが、野草広場です。
会場周辺よりかは、混雑が少しマシなので、近場で少しでも人が少ないところが言い方にはこちら側がおすすめです。

 

戸田競艇場周辺

いたばし花火大会の穴場スポット、見える場所の2つ目は、戸田競艇場周辺です。

打ち上げ場所からも比較的に近く、トレイなどもあるため子連れにも安心スポットです。

芝生系広場

いたばし花火大会の穴場スポット、見える場所の3つ目は芝生系広場です。

花火の観覧スポットとして開放される場所になっています。かなり混雑はしますが、大迫力の花火を楽しめることは間違いなしです。

混雑をできるだけ避けたい場合は、花火が終わる前に帰るなどの対策が必要です。

イオン板橋ショッピングセンター

いたばし花火大会の穴場スポット、見える場所の4つ目はイオン板橋ショッピングセンターです。
地元の人に人気な、超穴場スポット!!

当日は、立体駐車場の屋上が花火の観覧スポットとして開放されています^^

少し会場から離れていますが、上に打ち上がる花火は見えることができます。

小さいお子様がいらっしゃる方は、オムツやトイレの心配がいらないのもいいですよね。

イオン北戸田店

いたばし花火大会の穴場スポット、見える場所の5つ目はイオン北戸田店です。

ここも、花火当日は花火の観覧ように屋上が開放されています。
すごい人混みというわけでもないので、お子様づれにおすすめです。

スポンサーリンク

いたばし花火大会の打ち上げ場所2024

いたばし花火大会の打ち上げ場所をご紹介いたします。

 

開花直径が360メートルにもおよぶ、東京最大の大玉「尺5寸玉(15号)」花火や、関東最長クラス700メートルの仕掛け花火「大ナイアガラの滝」などダイナミックな花火がみどころ。

 

例年、荒川の河川敷5ヵ所から同時に打ち上げるワイドスターマインで花火大会で始まり、日本最高峰の花火師10人が腕を競いあう「芸術玉の競演」へと変わっていきます。

 

今年は、いたばし花火大会と戸田橋花火大会の2カ所で、あわせて史上最多の約13,000発の打ち上げが予定されています。

 

【開催概要】
日時:2024年8月3日
時間:19:00~20:30
場所:荒川戸田橋上流・板橋側河川敷 [地図:Google Map]
住所:東京都板橋区
打上数:約13,000発(戸田橋花火大会とあわせて)
いたばし花火大会の打ち上げ場所は、「いたばし花火大会」の会場は荒川南岸(東京都板橋区・都営三田線側)です。

スポンサーリンク

いたばし花火大会の雨天時2024

いたばし花火大会の雨天時の場合をご紹介します。

雨天・荒天等により8月3日(土)に花火の打ち上げができない場合は、順延開催はなく今年の花火大会は中止となります。

スポンサーリンク

いたばし花火大会のアクセス方法2024

いたばし花火大会のアクセス方法をご紹介いたします。

板橋側からのアクセス

  • JR埼京線「浮間舟渡駅」徒歩20分
  • 都営三田線「高島平駅」「西台駅」「蓮根駅」徒歩20分
    ※例年、JR「浮間舟渡駅」、都営三田線「西台駅」は大変混雑します。
  • 都営三田線の「蓮根駅」「高島平駅」からのアクセスがおすすめです。

戸田側からのアクセス

JR「戸田公園駅」徒歩20分

スポンサーリンク

いたばし花火大会の交通規制2024

いたばし花火大会の交通規制のマップはこちら

スポンサーリンク

まとめ

いたばし花火大会の穴場スポットや見える場所、打ち上げ場所や雨天時をご紹介いたしました。

 

初夏の花火大会をぜひ楽しまれてください。

イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
maruをフォローする
タイトルとURLをコピーしました